陰謀論者も「上級陰謀論者」も全て繋がっている? 韓国を担当するRAPT、北を担当するRK、反中国のカ

画像





↑アレクサンデル デューギンdugin 政治博士(モスクワ)の新ユーラシア主義地図。
 ロシア連邦軍はこの計画を水面下で進めていると思われる。
 オーストラリアが中国の影響圏になっている。
今の中国の再台頭・近代化はロシア政府の意図だったのでは。




北朝鮮・在日朝鮮人を非難する←RK

南朝鮮・在日韓国人を非難する←ラープトRAPT

中国共産党・中国大陸人を非難する←カレイドスコープ


このようにラープトRAPT、リチャードコシミズ、カレイドスコープ、で担当する分野
が異なります。
カレイドは在日台湾独立派を支持し、RAPTはキリスト教・天皇批判、RKはプーチンを支持します。


中国が嫌いな人は、カレイドスコープを読み、
中国と戦略的関係を結ぶべきだと考える人はRK、
キリスト教を支持し、天皇や神道が嫌いな人はラープトRAPTを読む。
在日朝鮮人と部落が嫌いな人は、RKを読む、、、、、

麻生太郎をたたくRAPT、安倍晋三を叩くRK、既存の陰謀論者を笑い飛ばすカレイドスコープ、

これで、「広き門」の完成です。

ユダヤ陰謀論者と、その陰謀論者もイルミナティの手先だと喝破・見破る「上級陰謀論者」は
こうして分野・入り口を分けてあるのです。


そして、大東亜戦争肯定の民族派右翼(日本軍無罪論)といい、
ユダヤ陰謀論者といい、上級陰謀論者といい

ロシア連邦とプーチン政権は殆ど叩きません。


ロシアの情報機関(旧KGB、GRU)は、レフチェンコ機関事件があったように、
確実に根を下ろしています。
しかし、「もっとも近い隣国」たるロシアへの批判が少ししか無いのです。













この記事へのトラックバック