妄想③日本潰しとしての「日ユ同祖論」「親日ナショナリズム」。イスラエルVS大和

※以下は完全に私の空想であり、根拠や証拠は一切ありません。

画像



・真のイスラエル=日本列島をめぐる、改宗ユダヤ人と日本人の戦い


なぜ、いま、「日本人こそ真のユダヤ人」という日ユ同祖論がこんなに流行っているのでしょうか?

なぜ、「第二次世界大戦で、日本帝国は正しいアジア解放戦争をしたがGHQにより歴史がゆがめられ
、戦後日本人は連合国により洗脳された。」
という民族派右翼が台頭しているのでしょうか?    

これが「イスラエルVS日本」というハルマゲドンの下準備だと気が付いている人はどれほどいるのでしょうか?
(イスラエル国は、日本人から正統性を奪いたい。私はそう思います。)


聖書預言の行方、という有益なブログのバイキング氏は、

「昨今の陰謀論ブーム、「大和民族ユダヤ人説」の流行は日本人のナショナリズムを高め、
 アシュケナージ系ユダヤ人との決戦の戦場に日本人をおびき寄せる」という考察をされてます。

アシュケナージ系ユダヤと、大和民族系ユダヤの戦い。
これでアシュケナジー達は
「自分たちこそが正統なユダヤに成るという」計画が隠されていると。
(ヤコブ=イスラエルがエサウからうまく正統性をうばったように)


オウム真理教から始まった(もっというと戦前の大本教・ヒツキシンジ)のユダヤ=フリーメーソン陰謀論
の真の意義は、「反ユダヤに見せかけたシオニズム運動」の一貫だったのでしょう。

古代から、「いかに敵を、喜ばせて、戦場に誘い出すか」が兵法の基本謀略でしたが、
まさに「日本人の民族主義と誇りを高めて、イスラエルと戦わせる」のがシオニスト勢力の課題だったに違いありません。


それには、「憲法9条的な」「リベラルで平和主義的な」「ナショナリズムの低い」
戦後民主主義の平和日本国では都合が悪い。
だから、日ユ同祖論、大東亜戦争肯定論、中国や韓国の反日主義、国内左翼の日本憎悪、
などなど「反・反日」の下準備が必要だったのでしょう。

反日主義の背後がイスラエルと分かれば、日本人は怒り狂ってアシュケナージとの戦いを支持するでしょう。


・ナチスドイツの暴走の原因



ドイツは第一次世界大戦で敗北したとき、「周辺諸国から『謝罪と賠償』を常に求められ、領土を大きく奪われた」
状態でした。
さらに、それにつけこんで「ユダヤ商人」がドイツ人を搾取していました。
そして、「強大なドイツを取り戻し、嫌なユダヤ人を追い出す」強力な指導者としてのヒトラーが選ばれました。
ヒトラーは「反ユダヤ・反共産主義」を表向きは掲げていましたが、実は「シオニスト=共産主義の手先」
だったのでしょう。

私は予測しています。

将来近いうちに、
「日本を支配する旧部落民や朝鮮人を追放する」「中国の脅威から日本を守る」と掲げ
ロシア軍が日本に侵略する。
「喜ばせる為のパフォーマンスとして、実際に同和団体、朝鮮総連や韓国民団、パチンコ屋などは解体され」
朝鮮人、韓国人、中国人の何人かは実際に追放される。
(しかし、それはホロコーストと同じで見せかけ、帰化した異民族は残る)



そして「主権を回復した」と思わされた日本人は国家神道と天皇主権を保証したうえでロシアと組む。
こうして、ロシア日本の同盟は中国やトルコやイランも従えて、「ユーラシア連合」「大東亜共栄圏」を再び目指す。
(秦氏連合の形成)


・国家を持たない漂流の民としての日本人

しかし、最後の最後で「天皇を中心とした真のユダヤ勢力」は、
アシュケナージ系ユダヤ勢力に大敗北する。
(太平洋戦争の焼き直し)
そして、大和民族は罪深い民族と断罪され、天皇はRAPTのいうように悪魔のボスだとされる。
結果、改宗の偽ユダヤ人は大イスラエルという神権国家を持ち、真のユダヤたる日本人は、
かつてのように国家を奪われて流亡の民となる、、と。



※ソ連の解体は偽装解体で、ロシアは今も世界革命のための強力な軍事力を備えています。

ソ連の解体は計画倒産



この後はどうなるか分かりません。
本当に神の介入があり、人類は解放されるのか。
しかし、どんな未来でも希望は有ると思います。


















この記事へのトラックバック